商品情報にスキップ
1 1

wave358

CMCグリーン勾玉 g120

CMCグリーン勾玉 g120

通常価格 ¥12,800
通常価格 セール価格 ¥12,800
セール 売り切れ
税込

- 対応支払方法 -
クレジットカード、コンビニ決済、現金振込

禊(みそぎ)川と言われる伊勢の宮川から採取した清砂を高温で溶解して一個づつ手づくりで作ったガラス状の勾玉です。薄いグリーン色ですが、着色剤は一切使用しておりません。

波動転写商品の特徴(波動共振センサー測定結果)
1. 優れた電磁波防御特性
2. 生命力の指標であるテロメア値の増加
3. 脳波中のα波増加、自律神経安定
4. DNAが損傷されることで生成する物質「8-OH-dG」値の減少
5. 癒し、お清め効果

“くの字型”にまがった独特の形の勾玉は、約7千年前の縄文時代につくられ始め、弥生時代、古墳時代までの遺跡から多くの勾玉が出土されています。
勾玉は歴代天皇が受け継いできた三種の神器の一つで、頭の部分が太陽を、尾の部分が月を表し、大いなる宇宙への崇拝と陰陽を表現しており、感情や思考を綺麗に浄化する心身の清め石でもあります。

“この世のすべての森羅万象は波動を出し固有振動数で振動している”

超ひも理論
マックス・プランクの量子論・量子力学は、分子、原子、電子、素粒子などのミクロな世界の法則を解き明かす学問である。
その根源は、「すべては振動であり、その影響である。現実には何の物質も存在しない。すべてのもの、各々のものは、振動から構成されている」という。
一方、一般相対性理論は、宇宙というマクロの世界の性質や運動、それらを包み込む広大な時間と空間(時空)を記述する学問である。
近年、量子論・量子力学と一般相対性理論を統合する新しい理論である「超ひも理論」(Super String Theory)が注目されている。

この超ひも理論では、宇宙・物質の究極の要素は、粒子ではなく、超微小の振動する「ひも」であリ、森羅万象は振動する超微小の「ひも」からなっていると考える理論である。すなわち宇宙の根源は、振動する超微小の「ひも」からできており振動しているという。
すなわち、この世の中のあらゆる物質、非物質、現象は、絶えず固有の振動数でもって振動し、その固有振動数で発信していることになる。発信された波動の振動数が同じ場合には、互いに共振・共鳴するという現象が起こる。

ドイツ発の振動医学(波動医学)
パウル・シュミットのバイオレゾナンス理論―
量子論、ダウジング、東洋医学・チベット医学という三つの異質の理論や知恵、技術などをヒントにして、人や動物の体を流れる生命エネルギー(=気)の振動(=波動)には、それぞれの器官、組織、働きになどにより固有の振動数があること。そして、その生命エネルギー(=気)が滞り(ブロックゲート)により、スムーズに流れなくなることが、健康が損なわれるということであり、そのときには滞りと同じ周波数の波動による共鳴現象で、滞りが消えて気が再び活発に流れるようになる、これが健康を取り戻すということだ―

勾玉の形とCMC(遺伝子と同じ規則的な二重らせん構造)が持つ波動を、人間に、生命に生体共鳴(バイオレゾナンス)させる為の、自然療法でもある振動医学から生まれた新しい時代の勾玉です。

詳細を表示する